人気ブログランキング |

カリフォルニアで起こっていること

こんな日本語記事を見つけたので、ご紹介させてくださいな。

北カリフォルニアで発生した山火事、その現地の声「私たちはもう違う惑星にいる」
https://www.esquire.com/jp/culture/column/a34020883/we-live-on-another-planet-now/

この記事の中で紹介されているレイ・ブラッドベリの「All Summer in a Day」は、ポンチも学校の教材として読みました。宿題は「この後、ストーリーはどうなるのでしょう?」だったと思います。

All Summer in a Day
https://vimeo.com/96548125

以前にも書きましたが、カリフォルニア生まれのポンチは、記事の中で書かれているように、山火事が当たり前で見慣れてしまっています。季節が秋じゃなくっても、ポンチは普通に、何の悪気も意味もなく、「枯れてる草が多すぎるから、秋に燃えちゃうかもね?」って話題にします。意識の中で、山火事は日常な事として組み込まれてしまっているのです。だから?消火活動後、赤い色に染まった丘や山を見ても驚かないし(ヘリコプターや飛行機から散布する場合のお水は赤く着色されています。)、曇った空も煙も灰も秋の当然な風物詩。でも、金星に住むマーゴットの様に、ポンチは平和で火事の心配のない毎日も知っています。火事だけでなく、コロナも何も心配しなくて良い日々・・・その日がいつ来るのか?金星の子供達は7年後とわかっているだけ、待つのが楽かも?ポンチ達は・・・いつなのかなぁ?




by greengrassfield | 2020-09-17 14:25 |